第47回定期演奏会は下記内容にて終了しました
ご来場頂きました皆様、誠に有難うございました。




日時:2007年7月7日(土) 17時00分開場 18時開演
場所:ザ・シンフォニーホール
 地図

第1ステージ
 Ubi Caritas et Amor 作曲:Lauridsen  
指揮:西岡茂樹
 
 近年取り上げられる機会が多くなった米国の作曲家ローリゼン、その中から代表的な1曲をお聞きいただきます。同名のグレゴリオ聖歌を元に、甘く安らぎに満ちた和声と旋律が展開されていきますが、それだけに留まらない、凛とした意志ある姿をも踏み込んで描けるよう、心を尽くして歌いたいと思います。
 
第2ステージ
 ふるさとの風に

作曲&ピアノ:寺嶋陸也  
指揮:西岡茂樹

 〈骨のうたう〉で凄絶なまでの戦争への絶望と怒りを表明した竹内浩三も、自然を愛して生きる当たり前の1人の男でした。そんな彼の姿を描き出した作品です。一切の無駄を排した簡潔な音たち、そこから自在な、限りない拡がりを聞かせてくれるのは、やはり作曲者ならでは。寺嶋先生ご自身のピアノと共にお聞きください。
 
第3ステージ
 島根のわらべ歌 作曲:三善晃 
指揮:西岡茂樹 ピアノ:浅井道子 

賛助出演:豊中少年少女合唱団
 かつて子供だった大人と、やがて大人になる子供と。それぞれが恐らくは共有し受け継いできたわらべうた、それをお互いに歌い合うことで、この舞台をより広がりのあるものにしたいと考えています。初演のピアニストである浅井先生を迎えて、より充実した音となることを祈って演奏いたします。
 
第4ステージ
 心の四季 作曲高田三郎
指揮:須賀敬一
 ピアノ:木島美紗子
 「水のいのち」と共に合唱界に永遠に語り継がれると言っても決して大袈裟ではない、そんな高田先生の代表作に、豊混が今改めて挑みます。流れ行く時の中で新しくなってゆくものとなお変わらぬもの。その両方を、ひと繋がりのうたとしてお届けできればと願っています。
 
第5ステージ
 常世から 作曲新実徳英
指揮:西岡茂樹

ピアノ:寺嶋陸也 & 浅井道子   
 常世。空間的にまた精神的に、今いるこの場所から遠くはなれた処。それを描くために作曲者はそれまでにない全く新しい手法で取り組みました。18年前の作曲ですが、今なお余人の追随を許さぬ新実先生の意欲作です。
 先般のTokyo Cantat 2007で一部を演奏し好評を博したこの作品、定期では全曲での登場となります。寺嶋陸也・浅井道子という現在望み得る最良の組み合わせでのピアノを得て、今の豊混の総力をもって臨みます。

アンコールもお楽しみにね


チケットお申し込み お問い合わせ
恐れ入りますが、メールにて
希望券種、枚数
ご連絡先〒住所、お名前、電話番号、E-mail等をお知らせ下さい

日 時 平成19年7月7日(土)17:00開場 18:00開演
会 場 ザ・シンフォニーホール 地図
チケット

S券3500円 A券2500円 学生券1000円



[HOME]