第54回定期演奏会は無事終了致しました。
ご来場の皆様、どうも有り難うございました。
私たちの心からのメッセージは伝わりましたでしょうか。


第 54回 定 期 演 奏 会

〜三善晃先生追悼・千原英喜先生委嘱初演〜


チラシ拡大


平成26年7月6日(日)15:00開場 16:00開演
大阪ザ・シンフォニーホール

オープニング
 中新田町町民憲章 豊中少年少女合唱団・団歌 作曲:三善晃
1st.

  童声・混声合唱とピアノのための
    「葉っぱのフレディ」  
 

作詩・作曲:三善晃
指揮:西岡茂樹 ピアノ:山岸陽子
賛助出演: 豊中少年少女合唱団

  三善先生は「親子の心は『周辺の』に限らない、『日本の』いや『人間の』心の谺として私の裡に聴こえてきた。(中略)すると《フレディ》の絵から、私の言葉と歌が、手紙を銜えた鳥たちの群のように翔び立っていった。」と記されました。フレディと仲間たちのいのちを歌うことで、大人と子どもが「ひたむきに生きてゆく」ための真実・勇気・喜びを分かち合う、切実な祈りの作品。共に声を合わせることの恩恵を信じ、歌います。

 
2st.


 
混声合唱曲
    「嫁ぐ娘に」

作詩:高田敏子 作曲:三善晃
指揮:西岡茂樹 


 昨年ご逝去された三善晃先生の代表作ともいうべき珠玉の混声合唱組曲です。戦争体験を共有する詩人と作曲家たちによる真の意味での協働は、結婚する女性と家族、その時代と世界を透視する、吹雪の夜から始まるドラマとして結実します。 1962 年に書きあげられたとはとても思えない現代性、同時代性を保ちながら、既に数多くの名演が生まれてきたこの作品に、今こそ、豊中混声が挑戦します。
 

 
3st.
「啄木短歌集」 「冬・風蓮湖」

昨歌:石川啄木 作曲:岩間吉樹 作曲:高田三郎
指揮: 須賀敬一  ピアノ: 中村有木子

 田三郎先生の作品を、名誉指揮者須賀敬一とピアニスト中村有木子による精神深いアプローチにてご堪能ください。 23 歳の石川啄木は渋民村から追放され、再び故郷に戻ることなく、 28 歳で亡くなりました。望郷の痛切が込められた三十一文字を、噛み締めるように歌います。また、根釧原野に舞う白鳥とうずくまる鴉を描く「冬・風蓮湖」は、精一杯生きようとする人へのエールとも言える作品です。

4st.


2014年度豊中混声合唱団委嘱作品

     
「永訣の朝」

作詩:宮沢賢治 作曲:千原英喜
指揮: 西岡茂樹  
 
  豊中混声の本年度委嘱初演作品となります。妹トシの死を悼んだ挽歌として、宮沢賢治の作品の中でも取り分け愛されている「永訣の朝」。内省的かつ深い悲しみと愛、祈りに満ちた賢治のことばたちは、千原英喜先生の手腕により、全宇宙的な広がりを持つ音作品へと遷移していきます。ひとりでも多くの方にご拝聴いただきたい、ア・カペラによる心の絶唱。名作の誕生にぜひお立ち会いください 。

 

チケットお申し込み お問い合わせ
メールにて   
希望券種(S, A, 学生)、枚数、〒ご住所、お名前、電話番号、E-mail等をお知らせ下さい


日 時 平成26年7月6日(日)15:00開場 16:00開演
会 場 ザ・シンフォニーホール 地図
チケット

S券 3,000円 A券 2,000円 学生券 1,000円


豊友会会員の方はその旨もご連絡下さい。



[HOME]