第50回定期演奏会は以下の内容で終了致しました
ご来場の皆様、どうもありがとうございました




50回目の記念定期演奏会です。
聴きごたえ十分なステージの数々。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
豊中混声合唱団 団員一同

第1ステージ
John Rutter作品集  指揮:西岡茂樹
 
  豊混は日本の合唱曲を核に据えて活動していますが、日本の作品の何たるかを知るためにも、活動の二〜三割程度は諸外国の合唱曲に取り組むようにしています。昨年はフィンランドの Kuula や Rautavaara の作品に取り組みましたが、今年はイギリスの Rutter のアンセムに取り組みました。
「 Cantate Domino 」は、詩篇 96 の テキスト“主に向かって新しい歌を歌え”を中心とした華やかな楽曲。「 Hymn to the Creator of Light 」は 16 世紀から 17 世紀にかけて活躍した Lancelot Andrewes と J. Franck の二つのテキストが使われており、二重合唱ならではのドラマに満ちた秀作です。

 
 
第2ステージ

三つの無伴奏混声合唱曲
 

作曲:柴田南雄
指揮:西岡茂樹
メゾソプラノ:児玉祐子


 豊混は、これまでに「追分節考」「歌垣」「遠野遠音」「みなまた」「無限廣野」などの柴田南雄先生のシアターピース作品を積極的に取り上げてきました。柴田先生の追悼演奏会とも言うべき「人間について」大阪演奏会( 1997 年)にも田中信昭先生の指揮で参画しています。  50 回記念に柴田作品を取り上げるにあたり、シアターピースをとも考えましたが、演奏時間の問題から断念し、第 3 楽章の「風」が今年のコンクールの課題曲になったのも一つの契機と考え、初期の小品である「三つの無伴奏混声合唱曲」を取り上げました。 1948 年の作曲とはとても思えない程、モダンで気品高い曲に、あらためて感慨一入です。

 
第3ステージ
 混声合唱とピアノのための
 宇宙になる 三つの愛のかたち
 <改訂版初演!>
作曲:新実徳英 
指揮:西岡茂樹 
ピアノ:武知朋子  


 近年において豊混が新実徳英先生の作品と激しく格闘したのは 2004 年の「骨のうたう」と 2007 年の「常世から」です。それらを養分として、豊混が 2008 年に委嘱・初演したのがこの「宇宙になる」です。
 福島の気鋭の詩人、和合亮一先生の溢れるエネルギィに触発され「爆発するように生まれた音たち」には驚嘆しましたが、「三つの愛のかたち」という副題が示す如く、それらは決して無機質なものではなく、むしろ逆に激しい祈りのような愛が底流に滾っているのを感じさせます。この度、初演時の印象を元に楽譜が変更されましたので、新たに改訂版として初演致します。

 

 
第4ステージ
混声合唱組曲
橋上の人

作曲高田三郎
指揮:須賀敬一
ピアノ:中村有木子


 来年、創団70周年を迎える豊混の最大の育ての親は須賀敬一、現名誉指揮者であり、 高田三郎先生でありました。お二人の信頼関係は高田先生がお亡くなりになるまで、 微塵たりとも揺るぐことはなく、そして、高田先生は17年間にも亘り、豊混の定期演 奏会の客演指揮を務められたのでした。その須賀先生が50回記念として数多の高田作品の中から選ばれたのがこの「橋上の 人」でした。作曲者いわく「私の合唱作品のなかでも近づきにくいものの一つ」であ るこの曲は、ついに今回で4回目の演奏となります。立ちすくむ「橋上の人」が迷い の霧の中を決然と歩みを進めることは、私たちの「現在」と「未来」を暗示している のでしょうか。昭和44年度芸術祭大賞受賞作品であるこの名曲の頂点となるような演 奏をめざします。

第5ステージ

童声・混声合唱とピアノのための 
葉っぱのフレディ

作曲:三善晃 
指揮:西岡茂樹 ピアノ:武知朋子
賛助出演:豊中少年少女合唱団  

 高田作品と並んで、三善晃先生の作品もまた豊混の重要な柱の一つであり、 1985 年に西岡茂樹が定期演奏会の指揮者に加わって以降、ほぼ毎年のように取り上げてきました。その果実の一つとしては、 1994 年に委嘱初演した「伝説」があります。
  一方、世紀の代わり目において、豊混は、青少年の合唱を支援することを活動方針の一つに加えました。その最も重要な取り組みが「豊中少年少女合唱団」の創設と共同です。同様の動きは大阪府合唱連盟でも起こり、その結果、 2003 年の大阪府合唱祭で誕生したのが、大人と子どもが共に歌える合唱曲、「葉っぱのフレディ」でした。
  アメリカの哲学者レオ・バスカーリアの同名の 絵本をもとに三善晃先生が作詞・作曲されたこの曲は、大人と子どもが共に「生」と「死」を見つめる“よすが ”として最良のものであると思います。
  豊混の三善作品演奏の系譜に、豊少の子ども達も加わり、今、新しい豊混の歴史が確実に記されつつあります。

 


チケットお申し込み お問い合わせ
メールにて   
希望券種、枚数、〒ご住所、お名前、電話番号、E-mail等をお知らせ下さい


大阪公演
日 時 平成22年7月3日(土)17:00開場 18:00開演
会 場 ザ・シンフォニーホール 地図
チケット

S券 3,000円 A券 2,000円 学生券 1,000円

東京公演
日 時 平成22年7月18日(日)15:30開場 16:00開演
会 場 かつしかシンフォニーヒルズモーツァルトホール 地図
チケット

全席自由2,000円



[HOME]